PC画面の資料

高い導入効果が期待できるのが画期的な管理システムであるERP

精度の高い経営判断のためERPを導入して情報を一元管理しよう

iMacの背面

技術面や品質において他の追随を許さない絶対的な優位性を持っている企業であれば、同業他社との競争に神経質になる必要はないかもしれません。しかし、そうしたものを持たない大多数の企業においては、いかにタイムリーに正確かつ詳細な情報を入手し、臨機応変に経営判断が出来るかによって、競争に勝つか負けるか運命が分かれます。
経営判断の際に使う情報を常にタイムリーに入手できるようにするには、ERPを導入して、在庫管理、生産管理、財務会計等の情報を一つのシステム内で一元管理することが必須と言えます。こうした各エリアの情報管理をそれぞれ独自のシステムで管理していると、経営判断のような総合的な観点からの分析が必要な場合、改めて各々のシステムに保存されている情報を集約する作業が必要になります。
各々のシステム内に情報を蓄積すること自体は、日々、ルーチン業務をこなす中で自動的に出来ますが、異なるエリアのデータを、意味を成す総合的なデータとして集約する作業には、大変な時間と労力が必要です。ERPの導入効果として大きな意味を持つのは、この情報集約に要する手間暇を最小限に出来ることです。経営者は、ERP導入によって、経営判断に必要とされる情報に常にアクセスできるようになるため、従来よりも精度の高い判断をタイムリーに行うことが出来るでしょう。

イチオシ記事

このページのトップへ