PC画面の資料

高い導入効果が期待できるのが画期的な管理システムであるERP

一元管理で効率アップ!企業経営に長期的改善効果をもたらすERP

PCとコーヒーと資料

業務効率化および経営効率化は企業経営における最重要課題のひとつです。業務・経営効率化を推進するとして近年注目を集めているのが「ERP」です。
ERPとは「Enterprise/Resources/Planning」の頭文字をとった略語で、日本語で説明すると企業経営の基板となる資源要素の最適分配を実現する計画という意味になります。ビジネスの世界においてERPは資源を一元的に管理するシステムの総称として用いられることが多く、無駄のない効率的な経営を実現するために欠かせない要素と考えられています。
ERPを導入する最大の効果は、企業内における最適分配の実現です。企業が管理する資源は有限です。人的資源、物的資源、経済的資源、時間的資源など企業経営は様々な資源を複合的に活用して利益を生み出しますが、従来型の企業経営では企業内において資源のムダが避けられませんでした。
ERPの導入効果により資源の一元管理が実現すれば資源の余分は少なく無駄は排除されます。追加的な資源の投入を待たず一元管理によって今ある限られた企業内資源をやりくりするだけで経営の改善が期待できるので、ERPへの投資は長期的に見て企業経営にプラスの効果をもたらします。

イチオシ記事

このページのトップへ